小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

7月12日13時から後期高齢者医療制度の研究

かながわ市民調査会の主催。今日は、神奈川大学の橋本 宏子(はしもと ひろこ)教授※
が、社会保障制度について
大学で生徒に教えていることを私たちにも教えてくださいました。

まず、老人保険の制度の推移から、はじまった。
(美濃部都政のばらまき福祉は、今となっては罪な制度です。無料が前提だとすべてが不満になりますね。)

国保や各種保険制度のあり方。その延長線上の後期高齢者医療制度。その問題点。
d0143678_6155727.jpg

※橋本 宏子(はしもと ひろこ)教授
略歴
東京都立大学大学院博士課程基礎法学専攻(1972年 単位取得)
昭和49年1月~昭和53年3月 東京都立大学 法学部 助手
昭和54年4月~昭和57年3月 新潟大学 教育学部 講師(昭和55年4月より助教授)
昭和57年4月 神奈川大学 法学部 助教授
平成5年4月 神奈川大学 法学部 教授 現在に至る
平成14年4月から平成17年3月 社会保険審査会委員(国家公務員特別職)に就任。神奈川大学は休職。
平成17年4月 神奈川大学に復職。現在に至る。

専門領域
社会保障法。大学では社会保障法や社会保障行政特講、外書講読、基礎法学ゼミナ-ル等を担当している。(なお、平成5年1月 博士(法学)東京都立大学取得)

社会活動
横浜市都市計画審議会委員
神奈川県個人情報保護審査会委員
神奈川県社会福祉審議会委員
平塚市情報公開審査会委員
  等を歴任。

現在は、横浜市情報公開・個人情報保護審査会委員として活動中
d0143678_6161678.jpg
d0143678_6163693.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-07-12 22:37 | 高齢者福祉など