小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

8月8日 茨城県境町へ行政視察。感動の5時間!

境町へ3町の議員有志で合同行政視察研修。
参加者:加藤久美中井町議員、露木佳代二宮町議員、玉虫大磯町議員、小笠原陶子二宮町議員。

視察事項
(1)インターチェンジ周辺地域の企業誘致について
(2)ふるさと納税について(財政全般)
(3)子育て支援事業について
(4)お茶栽培事業について
(5)職員の育成について

当初、13時からの予定でしたが、橋本正裕町長が14時には中央省庁にお出かけになる都合で
12時に道の駅のレストランでお会いしようということになり、12時前にさかい道の駅に到着すると、すぐに施設全般と店内をご案内くださいました。
屋外のスムージーショップは民間事業者に場所を提供しています。
(私たちは早速スムージーをごちそうになりました。)
店内ですが、新鮮なお野菜を始め、こだわりの美味しい品物が沢山陳列されていました。
道の駅は売り上げが年間1億5千万円に落ちていましたが、2億7千万円に上げられたとのこと。
d0143678_1173117.jpg

道の駅の中にあるレストランで昼食を取りました。食後にと、道の駅で販売している4種類のチーズケーキをご馳走になりました。
d0143678_118288.jpg


13時から役場の4階会議室にてパワーポイントやDVDを活用して、1時間20分町長さんからご説明いただきまして、途中退席された後は、職員の方々から説明がありました。
d0143678_1184730.jpg
d0143678_119757.jpg

パワポ資料の題名は「今政治に求められるのは「スピード感」、スライド枚数は56枚。 
橋本町長はまだ在任されて2年5カ月ですが、財政再建に取り組まれ、町の借金(地方債残高)を減らし、町の貯金である財政調整基金を増やしています。
町の新たな収入策として、公共施設の屋根に太陽光発電町内35か所にを設置し、28年度は歳入2500万円を見込んでいます。また、ふるさとづくり寄付金が昨年だけでも8億6千万円ですが、28年度は10億円を見込んでいます。

町長がスピード感をもって進めようとしても、職員が動かねば改革はできません。
境町では、ひとの創成「プロフェッショナル職員を育てる」をテーマに様々な施策を実施しています。明治大学と政策アドバイザー協定を結び、麗澤大学とは包括的な連携協定を締結、職員研修の充実、人事交流は国(官公庁)、県、他市に派遣しています。今年度は9名もの職員が派遣されています。さすがに多すぎたと反省し次年度は5名にとどめたいとの事でした。また、即戦力になる中途採用も積極的に行っています。採用は筆記試験もありますが面接重視。職員の方はほとんど町内に住んでいるとのことです。

環境対策の一つに水素ステーション導入があります。9月過ぎに設置されますが先んじて水素自動車を購入されています。乗車させていただきましたが快適です。
歳入増加の要因になっている、太陽光発電も推進しています。
d0143678_1194413.jpg


企業誘致は圏央道IC周辺開発を土地区画整理組合方式で進めるべく、動き出したところです。
土地の所有者の93.5%に同意を得たとのことでした。区画整理事業の業務代行は「大和ハウス」に決定され28年2月に締結されています。

選ばれるまちを目指し、子育て支援には力を入れています。給食費は第1子、第2子は半額補助、
第3子は無料です。医療費の助成も20歳までに引き上げています。
また、就学のために経済的支援が必要な大学生、大学院生、短期大学生に奨学金を貸付けが8月1日から募集されました。
教職員の研修プログラム「7つの習慣」を取り入れています。

観光事業は利根川の広い河川敷を楽しむための、セグウエイ貸し出しや、境リバークルーズがあります。今日は曇っていましたが、晴れれば富士山が望めます。

15時過ぎまでの会議室での質疑を終えて、現場を視察させていただきました。
現場視察にはそれぞれの担当課と議長さん、女性議員(議会で1名のみ)議会事務局員が同行してくださいました。

①道の駅で「さしま茶」の専業農家、飯田耕平様と野口公輝様に日本一の手もみ茶をごちそうになりました。氷水にて4時間かけて抽出したお茶は1杯3千円です。お茶の葉が10グラム1万円とのことです。緊張して試飲いたしました。また、お茶のアイスクリームもいただきました。
抹茶、ほうじ茶、玄米茶のアイス!どれもとても美味。
d0143678_1204396.jpg


②河川敷にBBQ施設があります。そこのそばでセグウエイの試乗をいたしました。道の駅の店長さんが手を取って教えてくださり、こわごわ乗りましたが楽しいです。
d0143678_1201394.jpg


③学童保育施設見学。境小学校の敷地内に定員90名規模の「にこにこ児童クラブ」があります。3500万円の予算。エイジング塗装を施したおしゃれな外観、高い天井。国、県、町の三分の一づつ補助金で建てましたが、安い費用でおしゃれな建物ができています。
d0143678_1282247.jpg


④人工芝のサッカー場を見学。9千万円の予算です。6千万円は補助金活用。3千万円は町です。
 利用が伸びているとの事。

⑤保健センター前の歩道の整備には、透水性のブロックをメーカー協力で非常に安価で材料費を購入し、人件費のみで設置したとの事。

17時まで、議長さんにはご案内いただきました。そのおもてなしの精神に感動しました。

我々4人は再度道の駅にもどり、買い物をして帰路につきました。
二宮町に20時帰宅。
d0143678_23543422.jpg

d0143678_23545976.jpg
d0143678_23552097.jpg

d0143678_2356323.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2016-08-08 23:56 | 視察など調査研究