小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

10月30日からだ改善講座、二宮町社協で防災講演会、平穏死の講座

10:00 改善講座:二宮町保健センター 先週は4名で心配でしたが、今日は10名でした。今日もためになるお話。呼吸法。今日は百合が丘の友人と参加。
d0143678_2220736.jpg

12:00 久しぶりに、中里の間島様のお庭を拝見。「マキの木の実を食べました」良いお天気の中、お花が美しく、気持ちの良い時間。....といっても30分あまりの滞在時間。
d0143678_22202491.jpg
d0143678_22205132.jpg
d0143678_2221254.jpg
d0143678_4575630.jpg


13:30~15:30 二宮町社協で防災講演会。講師は当初、防災安全課の課長でしたが、ご親族のご不孝があり、A班長が急きょピンチヒッター。内容は防災安全課の所管事務から始まり、微に入り細に入り、二宮町の災害対策が説明されました。結論=防災は自助、共助が大切。
d0143678_22212269.jpg


16:00~17:30 二宮町社協災害ボランティアの皆さんと交流会に参加。会長の田口氏から11月26日の東北日帰りバスツアーのお誘いの声掛けがありました。どうぞ、下のMoreをクリックしてください。

d0143678_2221378.jpg
 

19:15 平穏死の講座=「平穏死を語る」講師:石飛幸三氏講演会参加。胃瘻での無理な延命はやめて、自然に死を迎えようというものです。私は義父の時に、胃瘻にしますかと、問われ、親族で悩み、胃瘻をやめた経緯があるので、全く同感です。先生のお話終了後、黒田弁護士のお話が興味深かった。
d0143678_8444194.jpg
d0143678_2222489.jpg




南海トラフ等の巨大地震やいつか来る災害に備え、被災地に学び災害に備える二宮発のボランティアバスを企画しました。
内容は綿花の収穫作業での農業支援、被災者から体験談を聞く交流会、津波被害の小名浜やいわき市沿岸、原発周辺の富岡町を
回る被災地研修です。
      「二宮災害ボランティアコーディネーター協議会」会長田口謙吉
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【期日】11月26日(火)二宮町ラディアン駐車場5時20分集合、5時30分出発
   帰りは二宮町ラディアン22時(駐車場は用意します。)
【会費】6,000円(現地NPOのお弁当昼食付き)
【口座振込先】中南信用金庫二宮支店
      口座番号0393422  口座名二宮町災害ボランティアコーディネーター協議会
【先着38名】申し込順、座席自由です。(但しスタッフ席を除く)
    ボランティア保険(各地域の社会福祉協議会取り扱)に加入が条件です。
【申し込み、お問合わせ】二宮町社会福祉協議会 0463-73-0294

【ご参考】
  ○綿花の農業支援は 特定非営利活動法人ザ・ピープル理事長 吉田恵美さん 
   http://www.iwaki-j.com/people/aisatsu/index.htm  ☎0246-92-4298
  ○受け入れ先団体は いわき市小名浜地区復興支援センター ☎0246-92-4298

  参加申込みされた方には後日、工程表、持ち物、留意点等の詳しい資料を送付致します。
[PR]
by toko-toukon | 2013-10-30 22:23 | 防災