小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

11月29日 出張足裏マッサージ、通告推敲、孫引き取り、犬散歩。

今日もうららかな小春日和。我が家の前の道路は昨日から、ガスの配管工事中。

9:30~我が家に足裏マッサージの友人を呼んで施術してもらう。ご近所の友人も誘い賑やかに交流、楽ですね

夜は息子家族と長女宅で夕食。





[PR]
by toko-toukon | 2016-11-30 00:07 | 孫・犬など

11月28日 一色小学校区地域再生協議会、杏里でランチ、健康福祉部と打ち合わせ。

9:30 地域再生協議会に参加する一石議員と打ち合わせ。
10:00 一色小学校区再生協議会の福祉部会定例会。岸野様の作成した議事録やレジメを元に地域包括ケアシステムの中の協議体のことやら、町で懸案になっているミニデイサービス廃止に伴う各地区社協の動きの共有化など盛りだくさん。

今日はいつも参加する役場の職員や、二宮町社会福祉協議会の職員が遅れてきました。
町内の一人暮らしの方にアクシデントがあった関係です。

12:20~杏里で打ち合わせを兼ねたランチ。3人で。始めは近くのカフェを予定していましたが、そこは月曜休み。杏里はお昼時はランチコースがあり、ゆっくり話ができてよかったです。私はチャーハンと半ラーメンとサラダと杏仁豆腐で1,000円のコースでした。

14:20~16:00 一般質問の準備で健康福祉部長、課長2名と打ち合わせ。

17:00~18:00 習字の稽古。「迎」の文字が難しい!





[PR]
by toko-toukon | 2016-11-28 23:38 | 高齢者福祉など

11月27日 庭仕事。ティータイムに打ち合わせ。ゆっくり夕飯。

昨夜の雨が上がった。これは絶対に庭仕事をしなければとがんばりました。

裏庭の私の大事なドウダンツツジがジャスミンに覆われて、半分枯れてしまいました。ジャスミンはありとあらゆる木にはびこりました。今日は濡れているので必要最小限を刈り取りました。
次に昨日いただいた、たくさんのアガパンサスと玉ねぎの苗。
植える前に雑草の処理をしなければならなりません。かれたコスモスや夏からの雑草をとり、堆肥を運びます。 1人でやっていたらすぐに嫌になり、10歳の孫を連れてきて手伝って貰いました。孫は短時間なので集中して頑張りました。

14:00~午後からは混んでいるファミレスで、コーヒーを飲みながら打ち合わせ。
今日は夕飯の支度の時間があったので、手作りコロッケや頂き物の大根を煮たり。

[PR]
by toko-toukon | 2016-11-27 23:58 | 家庭菜園・庭いじり

11月26日 二宮町社会福祉大会・ふれあい福祉のつどい、有機の会、孫を引き取り「箱根の湯」へ。

暖かい小春日和。というより日差しは初夏のようでした。
9:45~ 二宮町社会福祉大会・ふれあい福祉のつどい。式典は10:00からですが、その前に感謝状受賞者と来賓と関係者で記念写真撮影!
来賓は、町長と県議と二宮町議会の教育福祉常任委員会の委員全員です。

式典の中で実行委員長が、日本の100歳以上の方は現在6万人というのに驚きました。秋澤会長は二宮町の人口減の話をされていました。
式典は9:45に終了しました。
11時から講演がありましたが、外の模擬店やバザーを楽しんだあと退席。

11:40~有機の会の収穫祭です。6年ぐらい前までは、本当にみんなの野菜や鶏でなべを楽しんですごく楽しかったですが、今はスーパーの安いお弁当で残念。
仲良しのお婆さんが来ていなかったので、畑まで迎えに行きました。

14:00 4歳の孫を次女の職場の託児所に迎えに行き、箱根の湯へ夫と三人で行きました。雪が少し残っていて孫は喜んでいました。
そして、温泉も26日は無料入浴券を発行するからいつもは混んでいるのに、空いていました。青い空と流れる白い雲、そして紅葉の山を見あげながら入る露天風呂は至福です。 
夜は次女の忘年会。そのため、孫は長女宅に預けたので楽ちんでした。

[PR]
by toko-toukon | 2016-11-26 23:44 | 百合が丘社協

11月25日議会基本条例推進委員会、なのはなでランチ、議員全員協議会、孫のお迎え。

今日は良いお天気でした。
朝食後から出かけるまでは、午後の全協に出す資料作り。
11:00 議会基本条例推進委員会。根岸委員長が議会報告のまとめについてと今後の活動のあり方についてをとりまとめました。

12:00~久しぶりになのはなでランチ。定食550円は、はんぺんの中にハムが入ってるものをフライにしてありました。高カロリー。

13:30~議会全員協議会です。今日は執行者側からの報告はありませんでした。

来月で役員の改選があるために、常任委員会だけでなく各委員会の最後の報告がありました。



[PR]
by toko-toukon | 2016-11-25 23:42 | 議会に関すること

11月24日 予報通りの雪、福祉まつりの反省会、国会中継、友人と福祉計画について語る。犬の散歩。

6時台は雨だったのに、7時から予報通りの雪。幸に午前中は遠出しないで済み、ラッキー。
11:00 ~ 百合が丘福祉協議会の11月20日福祉まつり反省会です。私が餅つきの販売係の時に、頼まれたのがきっかけで途中から整理券を配ったのは利用者には好評でしたが、役員の方々からは勝手なルール変更について批判がありました。確かに、責任者に確認しなかったのはまずかったです。

12:00~13:30 反省会に出ていたメンバーの中で、コミュナルダイニングのチーフ4人が残り、12月8日から開始する「喫茶やまゆり」の準備のための細かい相談をしました。シフトや備品など。

14:00~遅いお昼を食べながら国会中継を見ました。ちょうど民進党がやっていて藤末健三の質問よかったです。

15:50~デニーズで友人と先日の地域福祉計画策定協議会の審議について教えてもらいました。

17:00~保育園で孫を引き取り、長女宅に預け、私は犬の散歩へ。雨が止んでありがたかったです。懐中電灯を持ちながら、犬の紐と手提げをもちながらの糞回収は難儀。




[PR]
by toko-toukon | 2016-11-24 23:58 | 市民活動

11月23日 自治会の健康をウォーキング、熊本チャリティーコンサート。西友。

9時半集合。百合ヶ丘自治会主催の健康ウォーキング。中井町の厳島神社まで行き、セブンイレブンのおにぎり弁当をいただきました。おにぎり2個と唐揚げで約300円。美味しかったです。健康普及員の方から教えてもらいながらタオル体操をしました。

昼に娘からのラインで百合が丘団地で火事があったのを知りました。知り合いです。悲しいです。

帰りは、梅の木幼稚園のそばのみかん山で、みかんがりしました。なんと北原様の畑のみかんでした。

百合が丘社協の仲良しさん達と 一石さんの熊本チャリティーコンサートに行きました。テノールやバリトンのゲストがとても良かったです。アンサンブルラディアントも素敵でした。楽しいプログラムでした。

夕方、孫と20分ぐらい、西友ストアに行きました。リニューアル初日とても混んでいました。駐車場があんなにいっぱいになるのはとても久しぶりです。この人気がいつまでも続いててくれますよーに。

[PR]
by toko-toukon | 2016-11-23 23:53 | 市民活動

11月22日 大磯の病後時保育、讃州、議運、松風町。孫の世話、ラビッツ会議。

露木議員に誘われて大磯町で取り組んでいる病後時保育を視察。
役場で説明を受けた後、エリザベスサンダースホームの敷地内にある保育園を見学。

お昼は讃州で讃岐うどん。

午後は議運。12月議会は12月1日から9日までです。

14時から、地域福祉計画の協議会傍聴したかったのですが、議会だよりの委員決めで出来ず。相談に参加しない議員もいました。

16:00~平塚市松風町に事務手続き。

17:00~長女の孫の顔見に行き、その後、保育園に次女の孫ひきとり。

夕食後は

19:30~総合型地域スポーツクラブラビッツの会議です。先日行われた子どもの体力測定の反省や今後の活動。その後申請書を代表役員の方々が県の職員に教わりながら作成。本業を持っているK様は徹夜で準備作成してくださっています。






[PR]
by toko-toukon | 2016-11-22 23:57 | あれこれ

11月21日 教育福祉常任会、味彩でランチ、議会基本条例推進委員会

本日の天気予報は曇りのち雨でした。昼から降ると言っていたのにもう朝から雨が降り出しました。
9:30~ 教育福祉常任会の最後の打ち合わせでした。 10時半からの正式な委員会でほぼほぼ出来上がってきた心身きらり条例の確認を最終チェックしました。

10:30~ 教育福祉常任委員会の正式な委員会です。私の段取りができていなくて、途中に暫時休憩して相談しながらの委員会となりました。申し訳ありませんでした。
内容は、委員会継続調査です。1つは心身きらり条例、もう一つは地域と学校あり方です。
この2年間、委員長という役割を担って参りましたが、非常に力のある前向きなメンバーに恵まれ様々な提案ができたことを感謝します。条例は制定までに至りませんでしたが、今期の残り2年間で実現できると確信します。

12:00~ 同僚議員と味彩でランチ。焼き鯖定食です。ここの鯖とてもおいしいです。
お刺身も美味しかった。

13:00~16:00 議会基本条例推進委員会。 11月5日と6日に行われた議会報告会&意見交換会の議事録のまとめ。1字1句直していくため時間がかかりました。

16:30~犬の散歩。この時間帯が1番大雨降ってました。長靴でもさっさと歩ける様になった自分がありがたい。
17:00~お習字稽古。なんと門扉に鍵がかかっていて変だと思ったら、本当は今日はお休みでした。しかし先生が特別に見てくださいました。全く以てそそっかしく。

[PR]
by toko-toukon | 2016-11-21 23:05 | 議会に関すること

11月20日 百合が丘福祉まつり、平塚市美術館に香月康男シベリアシリーズ鑑賞

朝霧の暖かな朝。
今日は、百合が丘福祉協議会主催の福祉まつりが百合が丘商店街で実施されました。
私は、お餅つきのお手伝いの方に、持ち物の確認をするために7:30にお電話したら、そもそもその仕事を依頼し損ねたことに気が付き!!!あわてて時間の取れそうな友人に電話をして、先ずは8:00までに入らねばと急いで支度をして出かける。
 お餅のお手伝いは、今回も手慣れた女性陣の活躍でなんとかなりました。

今年はお天気に恵まれたし、コミナルダイニングの初オープンでしたのでとても賑やかに楽しく実施できたようです。11月24日に反省会がありますので、ご意見お寄せくださいませ。
14:00に終了し掃除片づけをして失礼しました。

15:00~平塚市美術館開館25周年記念展示。 
香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治
-シベリアシリーズ・原爆の図・地図-を鑑賞しに行きました。
私は、
丸木位里・俊の原爆投下の惨状を描いた<原爆の図>は、悲惨すぎて辛すぎるので苦手です。
見たかったのは香月康男のシベリア抑留の絵です。力強いタッチで描いた抽象画の中から、その極寒の中で生き抜き、死んでいった仲間への思いが心に響きました。そして、私の父もシベリア抑留の帰還者です。父の生前語っていた言葉と父の思いに心を馳せ、涙がにじみました。

以下美術館のホームページより
平塚市美術館の開館25 周年を記念し、香月泰男と丸木位里・俊、川田喜久治の展覧会を開催いたします。
 香月泰男(1911 ~ 1974) は山口県生まれの洋画家です。国画会同人としての活躍をへて応召、終戦後シベリアに抑留された経験をもとにした< シベリアシリーズ> に独自の画風を築きました。
 丸木位里(1901 ~ 1995) に広島県に生まれ、青龍社展初入選後、美術文化協会に参加。1939 年に赤松俊子(1912 ~ 2000) と結婚し、妻とともに広島原爆投下の惨状を取材し、ライフワークとなった< 原爆の図> を制作しました。
 川田喜久治(1933 ~ ) は茨城県土浦市に生まれ、高校時代から写真を撮り始め、土門拳が選者であった『カメラ』に応募、入賞ののち新潮社でグラビアやポートレート撮影担当をへて、フリーランスとして写真エージェンシー「VIVO」を結成。心理的、象徴的な喚起力を重視した表現による「地図」連作を発表。写真を通して「戦争」や「人間」を探り出していく試みが高く評価され、世界的な写真家として活躍しています。
 洋画、日本画、写真という異なる手法によりながら、三様の戦争に対するまなざしがそれぞれに傑出した表現によって表されています。
 神奈川県内では香月泰男の本格的な展示は22 年ぶりであり、丸木位里・俊「原爆の図」は、2013 年開催の「戦争/美術1940-1950」( 神奈川県立近代美術館 葉山) に数点展示されたのみです。川田喜久治は東京都写真美術館(2004 年「世界劇場」)、東京国立近代美術館(2009 年「ラスト・コスモロジー」) をへて神奈川県内では初の本格的な紹介となります。
 偉大な芸術家の、それぞれの眼が捉え、生みだした作品は、私たちに深い感動と洞察の時をもたらせてくれることと確信しています。平塚市美術館の開館25 周年を記念し、香月泰男と丸木位里・俊、川田喜久治の展覧会を開催いたします。
 香月泰男(1911 ~ 1974) は山口県生まれの洋画家です。国画会同人としての活躍をへて応召、終戦後シベリアに抑留された経験をもとにした< シベリアシリーズ> に独自の画風を築きました。
 丸木位里(1901 ~ 1995) に広島県に生まれ、青龍社展初入選後、美術文化協会に参加。1939 年に赤松俊子(1912 ~ 2000) と結婚し、妻とともに広島原爆投下の惨状を取材し、ライフワークとなった< 原爆の図> を制作しました。
 川田喜久治(1933 ~ ) は茨城県土浦市に生まれ、高校時代から写真を撮り始め、土門拳が選者であった『カメラ』に応募、入賞ののち新潮社でグラビアやポートレート撮影担当をへて、フリーランスとして写真エージェンシー「VIVO」を結成。心理的、象徴的な喚起力を重視した表現による「地図」連作を発表。写真を通して「戦争」や「人間」を探り出していく試みが高く評価され、世界的な写真家として活躍しています。
 洋画、日本画、写真という異なる手法によりながら、三様の戦争に対するまなざしがそれぞれに傑出した表現によって表されています。
 神奈川県内では香月泰男の本格的な展示は22 年ぶりであり、丸木位里・俊「原爆の図」は、2013 年開催の「戦争/美術1940-1950」( 神奈川県立近代美術館 葉山) に数点展示されたのみです。川田喜久治は東京都写真美術館(2004 年「世界劇場」)、東京国立近代美術館(2009 年「ラスト・コスモロジー」) をへて神奈川県内では初の本格的な紹介となります。
 偉大な芸術家の、それぞれの眼が捉え、生みだした作品は、私たちに深い感動と洞察の時をもたらせてくれることと確信しています。

平塚市のホームページから
[PR]
by toko-toukon | 2016-11-20 23:07 | 百合が丘社協