小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2月27日午後1時 第1回西湘海岸保全対策検討委員会

福祉センター2階会議室で開催。
傍聴者は先着順20名まで。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-28 09:16 | 二宮町の海に関すること

2月26日午後・議案検討会 事務所にて

午前は自宅で雑用。
午後2時から事務所で3月議会の議案を検討する。

今回は条例の制定と改正合わせて9本あるなかで、
私の所属する「教育福祉常任委員会」で審議するものは6本。

総務建設経済常任委員会で、一番関心の高い案件は
「議会議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」です。
議員報酬の値上げ、一か月15000円です。

緊縮財政のいま、議論沸騰です。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-28 08:48 | 議会に関すること

2月25日13:30議会全員協議会のち議会放映検討委員会

執行者側からの報告

1.行政会議の報告                        (企画室)
①平成19年度重要施策(事業)下半期進捗状況について
②二宮町民が安全で安心して暮らせるまちづくり指針について

2.二宮町組織機構における平成20年度の対応について      (企画室)
・ 保健センターの職員は全部役場に移ります。保健センターで様々な事業がある時はもちろん職員が出向きます。
・環境課が全て、桜美園に移ります。いままで、廃棄物対策だけが桜美園でしたが、
環境基本条例野実施計画の推進や、ごみ以外の環境を担当していた係りも桜美園
に行くとのことで、住民にとっては不便になります。(昼のバス便がほとんどない)

3.二宮町公文書公開条例の見直しについて            (総務課)
3月中に意見募集があります。

4.二宮町民が安全で安心して暮らせるまちづくり指針について  (地域推進課)
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-26 22:48 | 議会に関すること

2月25日ゴミ減量化推進協議会

19年度最後の協議会です。
詳細は後日。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-26 22:45 | ごみ減量・桜美園など

2月24日NHKスペシャル 最期の願いをかなえたい

夜9時からNHKスペシャルで「最期の願いをかなえたい~在宅で癌を看取る~」でした。
再放送を2008年2月26日(火) 深夜 【水曜午前】0時10分~0時59分 総合 であります。
私は昼間、在宅医療の先生や現場の方々にお話を聞いたばかりでしたので、食い入るように見ました。涙なくしてはみられません。

以下NHKのHPから紹介文です。
人生の最期を、どこで、どう迎えたいのか。
本人の願いに、徹底的に向き合う医師がいる。
横浜市瀬谷区の開業医、小澤竹俊さん(45)。体と心の痛みを取り除く“緩和ケア”を専門として、主に末期がん患者らの、在宅での最期を支える。一昨年10月に開業して以来、看取った患者の数は100人余りにのぼる。

末期のがん患者が最期を過ごす場は、病院から在宅へと急速に変わっている。医療費削減のため、医学的に改善の見込みがない長期入院患者への診療報酬が引き下げられ、末期ガンの患者の多くが“難民”となった。しかし現実にはそれを担える診療所は少ない。

小澤医師は、診察中の患者との会話を全て記録している。患者の内面に隠された本当の願いを探り出し、どう支えればよいのか、方法を見つけるためだ。
どうすれば、在宅で穏やかな死を迎えられるのか。番組では、在宅で過ごす末期ガン患者たちの元に昼夜を問わず訪問診療に出る小澤医師に密着し、看取りの現場で交わされる会話の中から、その答えを見つけ出す。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-25 05:54 | 医療・福祉

24日「住み慣れた街で暮らすとは~在宅医療の実際~」

総会に参加してくれた、大空の阿部忍さんにお誘いを受けて、神保順子議員とともに
午後から出かけました。
この会の開催のきっかけは、NPO一期一会の川上さんが苛原先生を招いて勉強会をしたいので連絡を取ったら、東海大学病院の谷亀先生がいるだろうと言われ、谷亀先生にお話したら、高森だけでやったらもったいない、全市を挙げてということになったそうです。
二宮町の地域包括支援センターのAさんも傍聴されていました。
内容は以下です。


市民公開講演会
在宅療支援の理想を求めて~住み慣れた街で人生を全うする~
日時:2008年2月24日(日)13時30分~16時
場所:伊勢原シティプラザ1階

特別講演 苛原 実氏 医療法人社団「実幸会」いらはら診療所理事長
    「住み慣れた街で暮らすとは~在宅医療の実際~」
パネルディスカッション
「こうすれば在宅医療支援はうまくいく!」
座長 谷亀光則氏 東海大学病院患者支援センター長
         高森台福祉のまちづくり勉強会副代表
パネリスト
医師          野地 暁(秦野伊勢原医師会)
訪問看護師       日高玉恵(伊勢原市訪問看護ステーション等連絡協議会)
介護支援専門員     斉藤典元(いせはら介護支援専門員協会)
医療ソーシャルワーカー 川崎弘子(神奈川厚生連伊勢原協同病院)
民生委員        小松輝男(民生委員児童委員連絡協議会)

共催:NPO一期一会・秦野伊勢原医師会・高森台福祉のまちづくり勉強会
後援:伊勢原市ほか

苛原氏の著書:豊かな死を看取る家族と介護職のための看取りマニュアルほか

苛原先生はパワーポイントを使いながら話されました。2007.10.27

看とりの地域差

       診療所  看とり  看とり(自宅)
東京    1085   4514  3676
神奈川   502   1844  1438
千葉県   190    1255  998
高知県    30     30    23

介護が生活を支えた上で、医療があるはずと思っていたが、データを見ると医者が診ないと看取れないということがわかる。

私小笠原陶子が一番印象に残った話は、谷亀先生のおはなしで、
病院で、もうこれ以上処置できないという事で退院して家族が最後を看取るといっていても、いざ本人が死にそうになったときに救急車を呼んで病院に送ってしまう、すると、当然病院は人工呼吸などで意識がなくても命だけ長らえる状態にし、家族が経済的な負担もおうことになり、その家族間でも看とりに対する考えが違うと騒動になる。
医者も家族も覚悟していかなければならない。

この学習で、地域医療に真剣に取り組んでいる医者がいるということがわかりましたがさて、
二宮町でははたしてどこの先生がこのように対応してくださるのか?


d0143678_051996.jpg

d0143678_0514233.jpg


[PR]
by toko-toukon | 2008-02-25 00:26 | 高齢者福祉など

2月24日10時からネット二宮の第22回総会

毎回しゃんしゃんと行かないのが、わがネット二宮の力量なり。

勝又恒一郎さんからごあいさついただく。

お昼はちらしずしとミートローフで軽いお食事
d0143678_0221778.jpg


d0143678_0232364.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-02-25 00:22 | 市民活動

2月23日 関内へ=会計学習会と政治スクール環境編

24日は強風が吹いて、電車が大幅に遅れた。春一番。(コンタクトで出かけないでよかったー)

1時半からのに少し遅れて会計学習会に参加。

3時半から政治スクールの環境編、「一ネット一政策」わが町の課題はゴミ問題であり、
当面はゴミ減量化計画の策定である。

個別にネット二宮は佐野先生にアドバイスをいただいているが、他市との共有部分もあるので改めて取り上げていただく。
他市との共通の部分で大きいのは、生ごみの減量化です。みんな課題です。鎌倉は例の
バイオガス化の問題もあります。

先生~のアドバイスとしては県下で唯一容器包装リサイクル法のルートに乗せていない二宮町は今後、広域化に乗るならそこのとこは、制度化しておかないと合いませんよと。他市と適合しませんよと。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-24 23:58 | 市民活動

2月23日 10:30~二宮町商工会青年部創立40周年式典

ラディアンホールで開催された。
青年部の部員は30名ちょっとと少ないのにも驚くが、女性が一人もいないのは不自然。
若者の後継ぎや起業した青年は男だけっていうのはどうなの?
商工会青年部所属の未婚者って多いけど、男ばっかでやってるからでないかしら。

記念誌のタイトルが「旅」っていうのもなんだかなー。

式典の半分の時間はOB等の表彰式.....
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-24 23:47 | あれこれ

2月22日最終処分場地下水に関する検討委員会

9時に耳鼻科へ。風邪の上に花粉症も始まっているといわれる。

最終処分場地下水に関する検討委員会 役場第一会議室

10時から開催の予定が、パワーポイントの不具合で15分遅れて開催。
傍聴者は今回は小笠原と根岸議員野ほかに1名の計3名。
毎回傍聴していると、学生時代にもっと化学の時間に真面目に
勉強していたら、もう少し理解できるんだろうと
悲しい気持ちになります。
資料は前回から、やっとはじめから人数分出るようになりました。

(しかし緑が丘の住民の方の参加がもっとあってほしいです。)

今回は今までの調査した数値の確認(ヘキサダイヤグラムで)をし、
最終的にどこが怪しいかというところまで来ました。

そして、ついに旧処分場に行きあたってきています。
細見委員長からは、次回までに旧処分場の構造図面を出してほしいと
役場側に要求されていました。
桜美園を考える会ではいままで、出してくれと言ってもない
と言われ続けたので、注目です。


午後は、自宅で作業。(政治スクール宿題等)
夕方から村田県議と我が家で打ち合わせ。
[PR]
by toko-toukon | 2008-02-23 07:01 | ごみ減量・桜美園など