小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 43 )   > この月の画像一覧

1月29日参議院公邸で江田議長と市民立憲Fの懇談会

d0143678_10461977.jpg


法制大学の江橋崇教授は江田五月さんの後援会長です。江橋先生のお取り計らいがあって、
今回は議長公邸のお部屋で、勉強会でした。
市民立憲フォーラムと市民立法機構の合同懇談会です。20数人の参加者。

はじめに江田議長より20分お話。
「日本の民主主義に果たす参議院の役割と市民社会への期待」
戦後改革でそれまで、貴族院だったものが参議院ができたわけで、参議院は戦後改革そのもの。
いま、「ねじれ国会」だと言われていますが、「ねじれ」には「力」がある。
縄もねじれていないと、単なるワラにすぎない。そこにエネルギーを見出すのが知恵である。
というお話しに、うまいこと言うなあと思いました。
江田議長の
民主主義5原則は
1.情報の共有
2.議論の公開
3.相互の浸透
4.多数決原理
5.少数意見の尊重

次に須田春海さんより、
「参議院の新しいあり方への市民社会からの期待」と題して
国家の最高機関である国会の両院は、実質的に強衆議院・弱参議院体制である構造を認めた上で、
○参議院の特性とは
○参議院という院への市民政府としての期待
○請願制度の参議院方式の開発
 ・請願のあり方は民主主義の原点
 ・請願法の現状
 ・請願の扱い
 ・「市民提案」法の提案

というお話のあと、自由討議でした。
江田議長に対し、多くの期待を持って様々な立場で提案がありましたが
現状の議長職は、公務をこなすだけで、いっぱいいっぱいのようです。
しかし、江田さんのホームページの活動日誌にありますが、ものすごくその時その時の
出会いを大切にしていられることは、心から尊敬できます。
http://www.eda-jp.com/
公邸の広い美しい中庭をライトアップしてくださり、一緒に撮影。
d0143678_1047536.jpg
d0143678_10473546.jpg
d0143678_10485528.jpg
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-30 10:30 | 市民活動

1月28日自宅で原稿書き、午後事務所で通信原稿校正など。

前日の肉体労働がきいた。のどが痛い。
市民立憲フォーラムの宿題とごみ政策についてない知恵をしぼるが
「○○の考え、休むに似たり」という言葉がぴったり。

義母宅の水道が老朽化で水漏れ。業者2度くるも漏れ場所わからず。
百合が丘は40年前の分譲のため、そういう家が多い。
人間も家も年をとると、メンテナンスにお金がかかる。
老後の蓄えのない人間は実に不安なり。

写真は図書館に返本に行った時に撮ったもの。
ライオンズクラブが何周年かの記念に寄付したもの。
どう思います?
d0143678_2058351.jpg
私は良い趣味だとは思いません。
公共の場に、どこかの団体の趣味のものが置かれるのって
吾妻山の上の元町長の墓石のような石碑とどっこいどっこいです
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-30 09:54 | あれこれ

1月27日北野れい子補選!朝6時40分家を出て、夜19時帰宅

朝、7時から茅ケ崎。...。その後9時半から藤沢の羽鳥1・2丁目に「北野れいこ」さんチラシ配布。
12時20分まで歩いたら、足の裏がほてる。
昼はひとりでリンガーハットでランチ。
午後は神保議員と藤沢のボランティアのHさんと、街宣。
17時まで。
その後、少しチラシをまいて、平塚共済病院に友人のお見舞い。
バイクでこけて大腿骨骨折。
ご本人は77歳ですからねー、息子さんは「もうバイクは
のらせない」と言ってましたd0143678_2049417.jpg

d0143678_20462862.jpg
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-29 12:28 | 選挙に関する話題

1月26日 18時から小田原で、市民ごみフォーラム

d0143678_9511074.jpg


d0143678_9514994.jpg


d0143678_9521087.jpg藤沢からそのまま、家に帰らず小田原へ。小田原市民会館内の4階市民サポートセンター
へ。参考になる話が、多々ありました。
午後の部と夜の部の2回開催し、午後の方が参加者は多かったようです。

(以下のお誘いの文面を読んでください。)
地域のごみ 市民会議」開催のお知らせとお誘い

                 平成20年1月  日
    地域のごみ市民会議 代表

新春の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
さて、私ども「地域のごみ市民会議」は、昨年6月に結成された、ごみ問題や環境問題に関心を寄せる市民の集まりです。現在、足柄下地区1市3町(小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町)では、「ごみ処理広域化計画」が進められております。この計画はこれまでのごみの処理やごみ事業を大きく変える計画であると認識しております。私どもはこの計画をまずは市民としてしっかりと把握し、メリットデメリットを調査研究したうえで、市民の暮らしに根ざしたごみ事業とは何かを探るべく、活動をしてまいりました。
これまで地域の中でごみ問題、環境問題に取り組んでこられた貴団体ほか、地域でごみ、環境に対する活動をしていらっしゃる諸団体の皆様と、私どものこれまでの調査の結果を共有し、意見交換させていただき、これからの小田原のごみ事業のあり方の議論を深めるべく、下記の要領で「地域のごみ 市民会議」を開きます。ごみ処理広域化、来る市長選を前に、ごみ事業は大きな転換点を迎えようとしています。市民団体相互の緩やかな連携で、市民にとってより良いごみ事業の在り方を提示していく必要があります。なにとぞご参加いただきますよう、よろしくご検討ください。

日程 1月26日土曜日  午後の部 13時30より
             夜の部  18時より
          どちらかご都合のつくほうへ、ぜひご参加ください。
場所  市民活動サポートセンター(市民会館 4階)

内容  ●これまでの足柄下地区ごみ広域化の歩みと「地域のごみ市民会議」での調査のご報告
    ●小田原でのごみ事業のありかたについての意見交換
    ●来る市長選にむけてごみ問題に取り組む市民団体として新しい市長に何を期待するのか。意見交換。(特定の候補者を支援するものではありません)
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-28 09:54 | ごみ広域化

1月26日 藤沢市議員補選「北野れいこ」支援・初街宣

午後から藤沢市へ、ネットカーで出かけました。村田県議の応援を得て、藤沢の大きい団地の辻堂団地や駅前、スーパー前で訴えました。
多くの藤沢市民が補選のあることを知りません。チラシをどんどん受け取
ってくださいます。
d0143678_8493329.jpg


d0143678_8495773.jpg
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-28 08:51 | 選挙に関する話題

1月26日 有機の会の新年会=講演がありました。

新年会とともに一色地区で7年間、有機農業を生業にしていられる、井上まさよさんから、有機野菜の定義や、堆肥の作り方等、井上さんの熱き思いを1時間以上拝聴し、その後懇親でした。
いつも、中里にお住まいのYさん(男性)の手作りのメニューは、すごくおいしい。
ごぼうの胡麻和え絶品。どれも、酒の肴向きで、午後出かけるのが恨めしい。

d0143678_823239.jpg


d0143678_822257.jpg


d0143678_23243431.jpg
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-26 23:24 | 有機の会・畑

1月25日9時30分から議会全員協議会

議会全員協議会は、毎月25日に開催されます。

=議題=

<執行者(役場)側から>

1.行政会議の報告について

2.新学校給食センター基本設計について

3.ごみ積替え施設建設の基本方針について



<議会側(議員のみ)>

1.二宮町特別職の職員の報酬等の額の答申について

2.議会テレビ放映検討委員会の設置について

3.その他 池田議員よりコミバス検討委員会の報告
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-26 23:20 | 政治

1月24日 藤沢市議補欠選挙支援(ネット二宮運営委員会)

藤沢市議補欠選挙が行われます。2月17日の市長選挙の時に一緒に行われます。
神奈川ネットワーク運動では新人の「北野れいこ」さんを応援しています。
3児の母、ライフタウン在住

みんな、急に藤沢通になりそうな勢いです。d0143678_8534059.jpg
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-25 01:09 | 選挙に関する話題

1月24日本日の最終処分場地下水調査検討委員会の報告

根岸議員のまとめをコピーします。以下


根岸ゆき子です。本日の最終処分場地下水調査検討委員会の報告をいたします。長くて恐縮です。長いので報告までにいたします。


*次回は2月22日(金)10:00~ 役場第1委員会室 です。ぜひ傍聴を!!*


傍聴者は7名です。

開始前に、傍聴者への資料が2部しか用意されていませんでしたので、もっと配布してほしいこと要望し、

資料のコピーをしてもらいました。それでも一人1部というほどには渡りません。良かったのは写真がスクリーンで見れたこと。

全体的には、①~⑩にも及ぶ地下水などの位置関係がいつも複雑で委員にわかりにくい。示された資料も検証するには足りない、抜けている数値などもあり、進展した感は少ないです。


=議題=

1) 課題整理と今後の進め方について

①  論点整理及び報告事項について

② 各イオンのヘキサダイアグラムについて

2) 最終処分場地下水に関する調査検討に係る経過について


=内容=

1)課題整理が職員と委員長から話された。

・汚染されているとみられる土壌(焼却炉隣の擁癖部)にシートで覆う工事終わった。シートは塩化樹脂で対応。

これには現時点では対策がとれている、と委員から意見をもらった。シートの今後は、コンベアの撤去等をするときも一緒に考えた方がよい。

  ・観測井戸と新処分場上の枡についての対策だが、枡の掃除をきちんとしてから採水計測をすること、と意見もらった。

   観測井戸は計測を続行。

  ・旧処分場上流側地下水の懸濁物質が多い、との指摘があった。確かに水自身が濁っていた。しかし現在はさほど濁っていない。

   ここはバックグラウンドの基本になるので、今後の管理上で適切かどうか、構造上の問題であれば今後掘削も必要かもしれない。動向をよくみるべき。

  ・宿題として、ヘキサダイヤグラムを作れ、ということだった。後に検証。

  ・自治会要望の、処分場からの影響を評価できるものが欲しい、ということが前回に話があった。


2) 以後、資料に沿って話をすすめる。(各委員の意見を一括で書きます)

  <最終処分場観測井戸の水質調査>

  資料:12/4と12/17と1/8の3日間、揚水ポンプで3回に渡り汲み上げられた地下水の採水量が示された。

  ・ここからわかることは、井戸が地下水脈にあたっている、ということ。しかし、水量が多いか少ないかということはわかりにくい。ここの水量が少ないと、外に漏れている可能性、多いとそれなりに受け取れている可能性、が言える。水量は十分にあるようだ。1分に1ℓという水はよく流れていると言える。勾配を求めることが必要で、それには3本の井戸必要。全体として「水収支」を求めていけるとよい。


 <観測井戸地下水電気伝導度率調べ>(新処分場下に新しく掘られた井戸)

  資料:1年間、1週間毎、計54回分の電気伝導度率が示された。

  ・9月10月と、今年1月の伝導率が低い→降水量と比較する必要あり。7月と9月の雨量が多かった。


<新最終処分場下流側地下水等のヘキサダイアグラム結果一覧>

  資料:6か所の採水場所それぞれ6種類のイオンのヘキサダイアグラムが比較のため示された。(六角形の形のパターンを見る)。

  ・カオチンとアニオンのバランスがとれていないので、大副委員に一度きちんと見てもらったほうがよい。これだけを見て浸出水の影響を受けているとは判断しがたい。伝導度が高い、炭酸水素イオン高い、なんでか。観測井戸の塩化物イオン130は通常地下水からすれば単純に高い。

   色々な角度から見ていくことが必要です。とにかく、エクセルの生データを委員に送ってほしい。

 <緑が丘中央公園池の水質調査決定結果>

  資料:平成17年に地域要望された水質調査の測定結果(広報にのみやに載ったもの)が示される。

  ・本来この地域には窒素が多い、都市近郊ではこういう窒素が出るということある。大腸菌が多いですね。これだけを見て計測の場所等を意見せよ、というのですか?とにかく、注目すべき項目は継続調査したほうがよい。



3) 町から今までの経過を時系列に報告。そして委員長が話をまとめた。

  ・当初の、ダイオキシンが検出された問題については、一応これで区切りをつけたい。処分場上の枡に今はほとんど水が溜まっていない。メーターの変動もない。流入水もなくした。今の対策はとれている。ただ、観測井戸は注意深く見ていく必要あり、処分場が外部に与える影響は全部をひっくるめて検討すべきだ。焼却炉の整理等とも含めて町が対処の時期を検討していくことになり、今までの枠組みとは違ってくる。シートの管理をし、データの公表を円滑にされたし。一度委員会に区切りをつけ、今後は町が方針を決めてしきり直すのではどうか。他委員も同意。

  それを受け職員から話す。

  ・まだ観測井戸の心配があるので、基本的にはこの検討を続けて欲しい。町民不安を除きたい。

4) 結局委員から、審議の整理をさせてほしい、とのことで、観測井戸の水質をメインに今後を行っていくことを確認。

  次は『すべての数値を並べて欲しい。選ばずに出して下さい。』と要望されて終わった。





  

  
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-25 01:08

1月23日新しいタイプの県立高校ってなに?

d0143678_22145866.jpg


d0143678_22152736.jpg

村田県議主催の「新しいタイプの県立高校ってなに?」が開催された。
県議からは以下の呼びかけがあった。

神奈川県教育委員会では毎年のように、入試制度を変えたり、
少子化と県財政緊縮の進む中で、県教委職員規模の見直しは後回しで、
学校の再編統合に伴い、新しいタイプの高校をつくっています。

この改革、今私たち、子どもたちが求めているニーズに、どのように応えているのでしょうか。先ずは、県教育局の職員に参加してもらい、全体像を把握し、内容を知りたいと思います。質疑応答・意見交換の時間もとりますので、お誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。
日時:1月23日(水)午前10時30分~12時30分
場所:二宮町社会福祉センター・2階A (東海道線・二宮駅北口下車・徒歩3分二宮町役場隣


今県では、「県立高校改革推進計画」により、次々と新しいタイプの高校が再編統合で、生れています。「単位制普通科」「フレキシブルスクール」「普通科専門コース」「総合学科」「専門学科」「通信制新タイプ校」そして平成21年に平塚・相模原に開校する「中高一貫校」などなど・・・

2年後に、県内初の中高一貫校が2つできます。その1つが平塚にできます。今年の5年生から入学の対象になり、この秋に開かれた説明会では2校合わせて6千人が参加!すごい注目の高さです。私立中学受験熱が高まる中で公立の中高一貫校は経済的にもとても魅力的。
入学試験も「適正検査」「グループ活動」「作文」「調査書」の4点セットで、学力もさることながら人間性も重視されそうな様子。

中高一貫性の実施は、本当に市民や子どもたちのニーズがあるのか疑問は残りました。
[PR]
by toko-toukon | 2008-01-23 22:25 | 子育て・教育