小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:構想日本事業仕訳( 1 )

10月19日構想日本が事業仕訳する、大磯町の公共施設

本日9時から事業仕訳の第2回が行われました。

はじめに三好町長の挨拶があり、「すでに1回実施しているので行政改革に外部の評価が
いかに大切か実感した。」とのこと。

今回の仕訳人はコーディネーター以外に6人いますが、3人は大磯町の方です。

立教大学の成田康昭氏=大磯町行政改革委員長
小杉たかし氏=元共同通信勤務
はた ひろあき氏=ケンウッドの人づくりセンター長

外部委員が
寒川町職員の樋口よしのぶ氏
逗子市職員の石井さとし氏
さいたま市議の土井ひろゆき氏

今日は9つの事業について仕分けが行われましたが
私は午前の5事業を傍聴いたしました。

座った席が、大磯町民委員の顔が見えるせきだったので
皆さんの表情も見えてGood 。

地域会館維持管理事業=結果は要改善

世代交流センター運営事業=結果は要改善

ふれあい会館事業=結果は要改善

鴫立庵管理事業=結果は要改善

旧島崎藤村邸管理事業=結果は要改善


の5本を傍聴しました。

大磯町の地域会館の利用については、二宮町の私が利用しようと思ったら
最悪につかいづらいですから、
おおいに改善してほしいものです。

ふれあい会館も昔、生活クラブで使おうと思うと、本当に予約やなんか大変でした。

大磯町は市民活動の方が、集まるところが少ないから本当に大変です。

観光施設となっている鴫立庵や旧島崎藤村邸については
観光施設の在り方がどうあるべきか、値段設定についても安ければいいってものではない
ということがよくわかりました。

わが町をふりかえったときに、
二宮町もみどり幼稚園のそばの土地が寄付されて、二宮出身の画家のギャラリーを
作りたいという町長の意向があるようですが
金がないと言っているわが町で、維持管理にお金がかかる施設は
やめてほしいと思います。




d0143678_23391729.jpg
d0143678_23393228.jpg
d0143678_2339496.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-10-19 23:37 | 構想日本事業仕訳