小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

5月20日百合が丘社協で役員研修=盲導犬センター

静岡市富士宮にある、日本盲導犬総合センター(盲導犬の里 富士ハーネス)
へ、研修視察です。
この日は、施設は基本的に水曜日はお休みとのことなので、私たち23人で貸切り状態。
ここでは盲導犬が産まれたり、訓練をされていたり、引退した犬達がゆっくりと休んでいる場所です。

広い敷地におしゃれな建物(千葉学氏設計)で、もっと、陰気くさいイメージを抱いていましたが
気持ち良い雰囲気でした。

早速、盲導犬のデモンストレーションをしていただきましたが、ただ、犬の訓練されたものを
見るだけでなく、視覚障害者の誘導体験もセットになっています。

私は独身の時に、ボランティアサークルに入っていましたので、
以前、その研修を受け、実際に視覚障害の方たちと一緒に平塚郊外に
ウオーキングしたことがありましたが、約30年ぶりの講座でした。アイマスクをかぶり
2人ひと組で行います。

そのように、この施設は、ただ盲導犬を見せるだけではなく、視覚障害者の方の支援をしています。
視覚障害者の方の白杖を使って歩行指導や、パソコン指導、料理指導も2泊3日で行うそうです。

日本には視覚障害者が30万人から40万人いられて、全盲は1割。
盲導犬は無償貸与。
全国で盲導犬を希望されている方は4700人。そのうちの1000人に、貸与されている。
残りの方は待機者。
この施設は昨年50頭を出したとのこと。
昨年生まれた犬は150頭だが、盲導犬にむかない犬もあるため50頭。
向かない犬とは=じっと待っていられない犬。

パピーウオーカーなど、常時ボランティアを募集しているそうです。
ぜひ、また個人的に来たい施設だと思いました。
5月の連休は1日500人も訪れたとのことでした。
d0143678_558573.jpg
d0143678_559939.jpg
d0143678_5591947.jpg
d0143678_5595788.jpg
d0143678_60893.jpg
d0143678_601879.jpg


お昼はミルクランドでバイキング。
お野菜系の食べ物が多く、よかったです。
牛乳もヨーグルトも飲み放題ですがそんなに飲めませんね。
帰りに河口湖そばの与 勇輝さんの人形を見学し5時に帰宅しました。http://www.musekan.net/index.php
[PR]
by toko-toukon | 2009-05-21 04:50 | 百合が丘社協