小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

10月20日臨時議会=一色コミニティセンター建設工事請負契約ほか

2年間にわたって、入札が不調に終わっていた一色コミニティセンター(旧分校跡地に)が建設されます。
契約金額は、76,072,500円(消費税及び地方消費税を含む)

契約の相手は
株式会社内海工務店です。

最初は2階建てで建設予定でしたが、入札する業者がなくて、今回は平屋です。
そのための地元委員会は3回開催した。(その前の設計のときに8回開催)
工事期間は平成21年5月末です。

敷地内にはゲートボール場がある関係か、トイレは外からも入れる。センターが休館でも
トイレは使えるとのこと。夜間は施錠する。

そのほかに、補正予算で、町民税賦課事務事業9705千円の計上がありました。
国が決めた、65歳以上の人から住民税を、年金から天引きするためのシステム導入です。

町長の話ですと、国は当初、この費用を自治体負担にするつもりでしたが、神奈川県の
14町村の代表の松田町長から国へ要望をだし、交付金に加算して戻ってくることになったそうです。
まったく国のやり方もいかがなものかと思います。今回はよかったです。

本会議後に議会全員協議会で、議会TV放映検討委員会の
経過報告が委員長からあ理ました。次回の放映委員会は11月4日。

午後は事務所で「街づくり通信」編集会議16時過ぎ解散。

その後川勾へ、畑を借りるための下見と地主さんにごあいさつ。
[PR]
by toko-toukon | 2008-10-21 06:21 | 議会に関すること