小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

9月25日決算審査 教育委員会

9時半の審査開催のまえに、教育総務課長から

本日25日の新聞(朝日、毎日、神奈川、読売)に掲載されていた、「厚木・海老名で給食に,厚焼き卵48校に16万食」「事故米給食の可能性,厚木と海老名計16万4491食分」「学校給食16万食超,事故米県内にも,03年以降卵焼き海老名と厚木で」などと大きな見出しで、取り上げられました。

 新聞によると、カビのついた米で製造したでんぷんがつなぎとして使われていた。1食当たり、約0.5g。これまでに健康被害などの報告はないという。

このことで、二宮町でも今年5月に使用されていたとの報告がありました。

やっぱりという思いです。

二宮町の学校給食はセンター方式ですので、調理に時間がかけられず、多くのメニューに
調理済みのものレトルトなどを温めるだけのものがあるので、やっぱりという気持ちです。

この輸入に頼る日本の食品で安全なものを探すのは至難の業です。

帰り道の夕焼け空 釜野にて
d0143678_9495579.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-09-27 22:05 | 議会に関すること