小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

8月18日午前事務所当番・鍼灸院、午後県庁で記者発表・のち。水PJ

午前は事務所当番。パラパラとバザー品を買いに見える方が。

電話で、役場健康課に検診について問い合わせる。

住民の方からの問い合わせは以下です。
「町当局が独自で実施する「胃がん・大腸がん検診」9/18実施が、申込多数の場合は抽選に当たったもののみで、漏れた人は受信お断りとは、公平を欠き町は町民の健康について何も考えていない証拠ですね。(決まっているからやればよいという考えが見え見え)漏れた人には追加受信日を設定するのが当然の政策とおもいますが。ましてや抽選の方法も公示せず、いつ、どこで、どのようにして抽選会をするのか全く闇の中。町民代表の議員はこれを許せますか?」

確認したところ、「今までは抽選もれはそのままで、また次回申し込んでくださいで、終わっていましたが、今年から、抽選に漏れた方は、次回優先的に入れるように改善した」とのことでした。

11時10分・鍼灸院。

12時37分の電車で県庁へ

14時から記者クラブで「後期高齢者医療制度広域連合に議員選出は直接選挙で」という
請願を出したことについて、記者発表しました。
d0143678_7465392.jpg

d0143678_7464016.jpg

その後、神奈川ネットワーク運動のビルに移動し、
各自治体における広域連合のシステム開発費について、再調査。
そのほか請願文送付作業。

18時からは、水プロジェクトの会議。おもに酒匂川流域下水道についての
今までの調査報告と、
今後の調査の仕方を再度検討する。
20時まで。
[PR]
by toko-toukon | 2008-08-18 22:28 | 市民活動