小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

8月6日長野県茅野市にファーストブックプレゼントの視察

茅野市では毎年、生まれてきたお子さんに本をプレゼントします。
そして、4か月検診になるとまた、2冊目をプレゼントします。

そして、小学校に入るときに「セカンドブック」といって3冊目をプレゼントします。

4か月検診のときに本をお渡しする様子を拝見しました。ママに抱かれた赤ちゃんに
お渡しする絵本を読み聞かせます。
すると赤ちゃんはじっと絵本を見ています。すごいです。

子どもが身体だけでなく、心も健やかに育ってほしいという、願いのもと、実施しています。
これにかかる予算は年間300万円です。
お子さんは毎年450人ぐらい生まれています。

これだけではなく茅野の中央図書館が中心になって、市内の学校図書館と十分な連携の下
読書活動を進めていて、子どもたちの問題行動は確実に減ったそうです。
d0143678_3333528.jpg
d0143678_3335394.jpg
d0143678_3341032.jpg
d0143678_3342871.jpg

[IMAGE|d0143678_3352749.jpg|200808/09/78/|mid|640|480#]
d0143678_3473358.jpg
d0143678_3474980.jpg

d0143678_3354699.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-08-07 21:01 | 子育て・教育