小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

6月9日常任委員会です。午前総務経済・午後教育福祉

役場ホームページに議案が載っています。

本日の目玉の審議は、経済環境部が経済部と環境部の2部に分かれるにあったての
条例改正です。

その目的は「ごみ処理広域化」対策です。

共産党の城所議員は、職員間の合意が取れていないのではないかということと
企画室参事と環境部長の兼務はだめですよということを重ねて言われてました。

ええっー、まさか、そんな兼任はないでしょ?

私は、以前のように企画室長と総務部長の兼任はやめてほしいと申し上げました。
物事が進みませんでしたので。
それと、町長は人材がいないというけれど、年功序列を考えず、若手を登用すれば
人材はいると申しましたら、
町長は「私は年功序列が好きなんだよ」ですって。そこで私は「人事は客観的に冷静に
判断して決めてください」と要望しました。


根岸ゆき子議員からBCCでメールが入りましたので
添付させていただきます。
根岸ゆき子です。

只今、6月議会開催中です。

9日(月)に委員会審議が行われました。

私が書きとれたことを元にメールさせていただきます。


委員会審査の中の、“部設置条例の一部を別紙のように改正する”という議案。

これは現在の経済環境部を2つに分けて、経済部と環境部にする。というものです。

[提案理由](写し)

ゴミ処理広域化への取り組み強化並びに各種産業振興事業を一層推進する必要があることから、経済環境部の組織を見直すため、

本条例に必要な改正を提案するもの。

役場の回答[やりとりから]

・プロジェクトを立ち上げて対応するのでは、スピードのあるきっちりした対応にならない。

・経済部には二宮ブランド等の重点課題に取り組み、環境部には広域化の窓口として対応させる。

・環境部長はこれから決める。人事は発表によって決定したい。

・環境部は桜美園から7月に本庁へ移転することを考えている。

・今のうちに小幅な人事異動をし、平塚の圧力に応えられる形をとる。平塚からは、二宮が一生懸命じゃない、ととられている。

・企画で行ってきた仕事も引き続きしっかりやっていく。

・広域化への具体的方針が固まったのではなく、あちらから蹴られないようにするため。

<議員要望>

・広域化は企画課でやってきた。企画の入っている総務部と環境部という兼務は原則的に無理ですよ。

・ブランド化を頑張ってほしい。

・年齢にこだわらずに人材確保をしてほしい。

・環境部設置となっても部長サポートはしっかりやってほしい。

など。

[委員会結果]

全員賛成

[補足]

この議案は、本会議初日に提出されました。またしても大切な議案が遅れて出てきたわけです。

最終的議決は13日本会議場で行われます。
[PR]
by toko-toukon | 2008-06-11 00:18 | 議会に関すること