小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

3月10日 総括質疑。町長に問う、子育て支援の優先順位ほか

1.二宮町次世代育成支援計画の基本理念「楽しい子育て 子どもの輝く町」を実現するための予算付けと町長の見解を問う。
として、おもに国立小児病院跡地に建てるはずだった子どもの館の執行が凍結されているが、どうするのか、その対策とコミュニティ保育の補助金を福祉課からではなく、総務課の予算から出すのは、子育て支援の本来の姿ではないということを聞きました。
emoticon-0171-star.gif答えは、子育て支援として、子育てサロンは駅南口さかえ通りに作りたい。
子どもの館は当分見通し付かない。

2.二宮漁港整備事業を進めることは「西湘海岸保全対策検討委員会」の今後の動きと連動していくのか、持続可能な海岸保全に対する町長の考えと事業の進め方を問う。
去年おととしで、1500万円
かけて調査と計画策定したが、昨年の台風9号が来て砂浜流出の中、本当に漁港を作っていいのか??

答弁=emoticon-0171-star.gif知事から、海岸の砂浜保全の調査をやる前に、漁港整備はまずいとまがかかり、今年までの漁港整備補助金は、今年度で打ち切りのため、補助金が出なければ計画は中止。今、国に何とか延期できないか問い合わせ中

3.ごみ処理広域化計画について。現在は平塚市・大磯町の一市一町で計画策定が進められている、町長は12月議会で今後復帰したいと答えた。情報公開と町民参加をもって計画を策定すべきだが、町長の考えと事業の進め方を問う。
emoticon-0171-star.gif情報については「町長のふれあいトーク」や「議会全員協議会」で報告する。町民からの意見はそこで聞く。=私のいってる市民参加と町長の認識とはずれる。emoticon-0114-dull.gif
d0143678_2316986.jpg
d0143678_23162734.jpg

[PR]
by toko-toukon | 2008-03-11 22:59 | 議会に関すること