小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

1月31日日大文理学部でこどもの支援シンポ。主婦会館でフォーラム、AU

7:30 中井町の加藤久美議員にお誘いいただき、秦野駅まで送っていただき、京王線に乗り換えて桜上水まで。

9:30 ホールにつきました。
世田谷区が区内の社会的養護の子どもたちの進学支援を始めます。当事者(20歳女性)の声や保坂区長・施設長を招いて、意義や意味を考えるシンポジュウムでした。

最初に当事者の可愛い女性が、日々の生活の大変さを話されました。すべて知識で知っていましたが当事者である女性が話されることで身につまされました。私も同じように苦しい時代がありましたが、帰る実家があったことはそこが違うと思いました。
 次に、世田谷区の担当職員が新しく作る支援制度フェアスタートについて説明。
最後にパネルディスカッション。20年前、小田原の生活クラブで保坂さんを大磯町に招いて不登校についてお話を聞いたことがありまして、今日は保坂さんお話を楽しみにしていました。
シンポジュウムでは、保坂区長が国会議員だったころに虐待防止法に関り、入り口だけの子どもの権利擁護だけではではだめで、措置解除後の自立も支援すべきだということを東日本震災後の児童養護施設(大舎制の)見学で大学等に進学できない子どもの現実を知ってこの施策を作ったと、この制度の動機を話されました。国会議員には落選してしまってもできることを頑張る姿が嬉しかったです。
会場は12:00まででしたが、次の会議が13時からなので11:30に退席。
d0143678_22385521.jpg

12:55 四ツ谷駅について、5分しか時間がないけれどベックスコーヒーショップでチキンカレーを飲み込む。
13:10 主婦会館で第三回地域政党サミット in Tokyo
2015年3月に設立した地域政党サミット(地域政党連絡協議会)。
元三重県知事北川正恭教授が顧問。
~ 地方自治体・地方議会が日本を動かす~
1.松本武洋埼玉県和光市長(自由を守る会顧問)講演
「全国注目の和光モデル 高齢者福祉(脱要支援)・児童福祉(ネウボラ)対策」
~財政難時代を生き抜く義務的事業~
d0143678_22381966.jpg

2.地域政党サミット顧問 北川正恭教授基調講演
「地域政党だからできる議会運営、議会活動」
~少数会派・ひとり会派でもできる議会活動にむけて~
3.「地域政党」「改革派議員」が停滞する地方議会に喝を入れる!
~北川顧問ともにパネルディスカッション~
予定調和?!前例踏襲?!ナゾの“申し合わせ”?!これが地方議会の実態だ! 
今から一人からでも即できる議会活性化のウラワザ・ノウハウを共有!
4.各党事例報告
兵庫県議会議員・元IMJ代表取締役 樫野孝人神戸志民党党首を中心にフォーラム。和光市の市長、北山元知事。
終了は、16:30
懇親会には参加せず、すぐに帰路に就く。

帰りに、二宮町のAUショップで携帯電話の調子が悪いので見てもらう。メチャ混んでいて1時間待ちました。
[PR]
by toko-toukon | 2016-01-31 22:20 | 子育て・教育