小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

8月31日百合が丘社協バザー受付、長女をお迎えの、バッテリー上がり。

9:30~毎年恒例、百合が丘社協のバザー受付でした。10時からですが、9時半から準備。炎天下の中、バザー品持ち込みの方はなかなか現れず、その間に百合が丘老人いこいの家の休館玄関のガラスを磨きました。明日も百合が丘老人いこいの家で受け付けています。今年は寄付品の集まりが悪いです。

10:30 南口駅前のガラスのうさぎ像にて折鶴の飾りつけをされた方が、戻ってきました。一緒にアイスコーヒーを頂きました。

11:10 長女が旅行先から急きょ戻るため、駅までお迎え。そして長女宅で片付けを手伝い、帰ろうとしたら、私の車のバッテリーが上がって、エンスト。そこで、炎天下の中にブースターケーブルで、充電作業。長女の呆れはてた目線がなんとも。

12:00 長女宅でお昼。

14:00 今日のバザー品はどんなか終了時間に憩いの家へ行きました。11名の方の寄付がありましたがとても少ないです。この11名の方の中には供給公社の4階にお住まいの方のところへ回収に伺った物も入っています。80歳近い役員さんが炎天下の中に回収にいかれました。この時期のバザーは再考が必要かもしれません。

写真がないと寂しいので、夕飯の一皿を載せます。
d0143678_0102013.jpg

今夜は、「あなた好みの白身のフライ」でした。
『暮しの手帖』編集部・おそうざいふう外国料理  のレシピで、20年以上作っています。頂き物のジャガイモとお庭のパセリを使い、魚はタラ。溶かしバターとレモン汁が美味しいのです。この料理本は、今でも販売されています。
[PR]
by toko-toukon | 2015-07-31 23:57 | 百合が丘社協