小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

9月2日 池田宏議長の告別式。小田原の斎場。

9:00 役場から事務局長ら、と二宮斎場へ。
9:30 控え室でしばし待機。
昨夜のお通夜には、他の市町からたくさんの議長がお見えになりましたが、今日も葉山町や開成町から弔問に来ていただきました。
10:30 告別式の開始。弔辞を議会代表で拝読させていただく。議友会からは代表の西山伊三郎元議長が弔辞を読まれました。西山伊三郎さまの弔辞は、親しい間柄が語られ、その中では最後に、「自分の弔辞を読んで貰うつもりだった」という言葉が印象的でした。
式の最後に、施主の伸一郎様が心のこもったご挨拶をされました。
12:00 たくさんのお花に埋もれて出棺。
d0143678_554985.jpg

12:30 小田原久野の斎場で荼毘にふされました。
14:00 骨壺に合掌。

15:00~16:00 議会事務局で、議会準備のうちあわせ。監査にも同席いただく。
16:00~16:20 町長室へ。






弔    辞

 本日ここに、二宮町議会議長 池田 宏 様の葬儀にあたり二宮町議会を代表いたしまして、謹んで哀悼の言葉を捧げます。
池田様は、平成十八年から七年九か月にわたり二宮町議会議員を務められ、平成二十四年から議長の役職につかれました。温厚で誠実、真面目な池田議長は、誰にでも分け隔てなく接し、ご自分のことより議会を最優先し、議長としての役割を果たしていらっしゃいました。そのお人柄は、多くの人に慕われておりました。私たちは、またあの穏やかな笑顔にお会いできることと、何の疑いもなく信じておりましたのに、訃報に接し、まことに残念でなりません。志半ばで議会を去ることは不本意であったことと思います。今年の春から体調がすぐれないにも関わらず、懸命に公務を果たされてきたことに、我々議員一同は、心からの敬意を表します。
池田様が愛してやまなかったこの二宮町を、これからも見守って頂きたいと思います。
本日の葬儀を執行するにあたり、衷心よりご冥福をお祈り申し上げまして、お別れの言葉といたします。
   平成二十六年九月二日
        二宮町議会副議長  小笠原陶子
[PR]
by toko-toukon | 2014-09-02 21:35 | 議会に関すること