小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

11月4日雨の祭日、小田原でスローモビリティのシンポジュウム、「秘密保全法」を学ぶ緊急学習会

雨の祭日。夫出勤のため、いつものようにお弁当作りの朝。

午前中は、危機管理マニュアルの宿題の書類作り。

13:30~17:00 小田原・箱根商工会議所会議室において、低速交通手段を活かした街づくりが地域の活性化に貢献する。そして、その低速交通システム例えばEVバスのエネルギーを自然エネルギー(水力、太陽光など)で賄おう、というシステムの可能性を考えるシンポジウムに参加。
大阪大学の土屋教授のお話はデータが説得力があって、もう少し時間を増やしてじっくり聞きたかったです。
他の講師も魅力的で、盛りだくさんで聞きごたえのあるシンポジュウムでした。
d0143678_0111462.jpg

d0143678_0114130.jpg
d0143678_012268.jpg
d0143678_0121334.jpg

17:20 だるまで夕食。暖かい鍋焼きうどんあたりを食べたかったですが、車なので駐車場があるお店を選択。
d0143678_012257.jpg


18:30~21:00 「秘密保全法」を学ぶ緊急学習会 講師 三木由希子氏NPO 法人情報公開クリアリングハウス理事長
小田原市民会館5階の会議室にて。長きにわたり情報公開の専門家として活躍されている三木さまは、淡々と、秘密保全法の枠組みや、それ以前の国の秘密事項について説明されました。今、インターネット上では、戦前の治安維持法の時代に戻るのではないかという風潮ですが、三木様は、大げさに騒ぎ立てることなく、今まで通り、ブログも書いて、意見を言うことが必要で。自らを自主規制する方がおかしい。と話されました。
d0143678_0124541.jpg
d0143678_0132440.jpg

21:15~おしゃれ横丁の「えん」というお店で、懇親会。もっと、地元のお魚を扱うお店は、早い店じまいか、月曜定休のため。
[PR]
by toko-toukon | 2013-11-05 00:20 | 市民活動