小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

2月9日 百合が丘社協委員長会議、自宅で休養

9:30から百合が丘老人憩いの家で、百合が丘社協の25年度の総会準備と委員会の計画づくり。
私の担当の「ふれあい委員会」の課題は、担う人の少なさ。年齢はともあれ、「お手伝い」ではなく、主体的に企画力・行動力のある、役員の育成が求められる。
これは、有機の会でも同じ。誰でも、お手伝い程度のボランティアはやっても良いが、主体となって責任を持つことに関し、及び腰。もっと、やりがいの見える仕組みが重要なのだろうか?
来年度の活動計画は、役員自体がやりがいや楽しみを見いだせる企画にしたい。
13時近くまで話して解散。

自宅に戻り、昨日の疲れで、休息。
[PR]
by toko-toukon | 2013-02-09 23:08 | 百合が丘社協