小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

国会への勧告~子どもを政争の具にしないで~賛同人募集

このブログをお読みの皆様、下記の勧告文に賛同してください。

NPO法人全国父子家庭支援連絡会の片山知行です

この度、私ども全父子連を含む8団体は連携して
国会に勧告文を提出することにしました。
http://www.zenfushiren.jp/110309_kodomo.pdf※呼びかけ人の皆さま、代表してメールポストさせて頂きます。

団体は以下の通り(順不同)
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
NPO法人ファザーリング・ジャパン
NPO法人全国父子家庭支援連絡会
チャイルドライン支援センター代表理事
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
反貧困ネットワーク
あしなが育英会大学奨学生・第22回遺児と母親の全国大会
NPO法人キッズドア

予算関連法案である子ども手当法案が何も決められないまま
4月1日を迎え、更に児童手当が法改正されなければ
旧来の児童手当に自動的に戻ります。

400万人の中学生に手当は無くなり、
小学校6年~4歳の第1・2子の子どもは5000円の手当
小学生までの第3子と3歳~0歳の子どもは10000円の手当に
戻ってしまいます。

その上、年少扶養控除が廃止され、子育て世帯は支出増、
増税となり、特に困窮する世帯は死活問題です。

僕は、中学生を育てています。
春には高校生になるので、手当は関係ありませんが
中学生を育てるのはお金がかかります。

部活の道具、バスケット・シューズ、グローブ、サッカーの道具、
友達とは違う、学校用の運動靴で部活はさせたくないです。
本当に、ささやかな夢を僕は中学生から奪いたくない!
子どもは親を案じ、理由を隠して部活を辞めてしまいます。
内申書の点数が下がり、志望校も変わっていきます。

だからこそ!
中学生への支給は死守したいです!
せめて13000円は死守したいです!

所得制限は譲れないところですが、子ども手当法案が
政争の具にされている以上、所得制限も設けなければならない事態です。

皆さんにお願いがあります!

3月9日、国会に勧告文を提出します(各政党に)
そこに、賛同者、賛同団体のリストを添付します。

お手数なのはわかります。
会ったこともない子ども達のことかもしれません。
ですが、社会で子どもを育てるという理念をお持ちのみなさん
協力して下さい!

ここに賛同フォームを用意しました。
ご協力をよろしくお願いいたします。

http://p.tl/lzws

ご記入をよろしくお願いいたします。
そして、ツイッター、ブログ、メルマガ、メール、フェイスブックなどで
拡散して下さい!よろしくお願いいたします!

なお、3月9日は11時より各政党にロビングします。
与党にも野党にも、強くモノを言ってきます。
夕方には記者会見いたします。

よろしくお願いいたします!


+ + ◆パパと子どもの笑顔を守りたい!◆ + + + + + + + +
特定非営利活動法人 全国父子家庭支援連絡会  
【全父子連】http://www.zenfushiren.jp/
代表理事 片 山 知 行 かたやま ともゆき
〒959-2015 新潟県阿賀野市北本町17番17号
E-Mail info@zenfushiren.jp
Twitter http://twitter.com/tk9100
TEL 0250-47-6009 /  FAX 0250-63-9137
iPhone 080-3338-9100 / tk9100@i.softbank.jp
docomo 090-1406-9100
全父子連ニュース(メルマガ)バックナンバー
http://zenfushiren.seesaa.net/
+ + + + + + + + + + ◆子どもの笑顔、好きですか?◆ + +

[PR]
by toko-toukon | 2011-03-04 05:19 | 子育て・教育