小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

5月29日海岸清掃、10:00WEショップ総会14:15子ども虐待ネット

9:00~海岸清掃 沢山の団体が来てました。300人から500人ぐらい?息子の中学の学年担任の先生にお会いし、近況報告。
d0143678_041117.jpg
d0143678_042757.jpg
d0143678_044395.jpg
d0143678_045996.jpg


10:00WEショップ総会 今年は一色コミセンで総会後はカンボジア料理の会あり。私は総会だけで退席。
ここでも、二宮町の中のNPOは集結していた。
d0143678_055049.jpg
d0143678_06492.jpg


14:15子ども虐待ネグレクトネットワークの研修会参加

尊敬する医師の山田不二子先生の講義は、ものすごい濃い重い話です。悪夢をみそうなほど。
題名は
「児童虐待 なぜ国を挙げて取り組まない」です。せんだって同様の題名で朝日新聞が大きく取り上げましてその文章を今日は深く掘り下げて話しますとのことで、犯罪捜査のあり方や、国連人権委員会から何度も勧告を受けている話や、脳死下臓器提供者から被虐待児を除外する法律は作ったが、医療業務従事者が虐待の疑いを確認しろと言っても医師だけでは困難で「必要な措置」は政府の仕事だ!との話し、
また、虐待に会ったこどもに捜査上で再体験を防ぐ手立てがまだ、制度化されていない。
といった話を、パワーポイントだけでなくビデオも見ながら教えていただきました。
神奈川ネットワーク運動の議員の参加は私以外で5人。
鎌倉の石川淳子議員は6月議会でこどもの虐待について一般質問するそうです。

なぜ、遅々として対策が進まないのか、町議会議員として、市民として何ができるのか、何をしたらよいのかを考えながら帰宅した。
[PR]
by toko-toukon | 2010-05-30 23:00 | 子育て・教育