小笠原陶子 政治は市民のたしなみ

tokooga.exblog.jp
ブログトップ

3月5日 10:00星槎学園卒業式 午後総務部長と課長に。

10:00 10時より、二宮町のラディアンホールにて平成21年度卒業証書授与式が行われました。
ここ数日雨が続きましたが、素晴らしい卒業式日和です。
星槎のモットーは「人を認め る」事、「人を排除しない」事、「仲間を作る」事。この3つを具現化しています。
本当に尊い時間であるこの式にお招きいただき、ありがたいことです。
舞台裏に集合すると、OSAの奥寺校長がいらして、にこやかに握手。「おひさしぶりです。」

式の後半に在校生からの送辞と、卒業生からの言葉がありました。
中学生、湘南校生、OSAのそれぞれ代表生徒が、とおりいっぺんでない自分の言葉で答辞を述べます。
入学する前の葛藤や、星槎で過ごした仲間との3年間、そして両親への感謝の言葉。
思わず涙がこぼれてしまい、泣いているのは私だけかと、こっそり涙を拭いていたら、
男性議員や同僚議員もみんな泣いてしまったとのこと。
写真は卒業生退場。後方出口にもスクリーンが貼られ、生徒のメッセージが流れる。
d0143678_6314167.jpg
d0143678_6315212.jpg


昼にいったん自宅に戻り、
午後2時に総務部長と財政課長に、総括質疑のことでうちあわせ。
d0143678_6374620.jpg

線路沿いの古いお宅が、取り壊されている。懐かしい風景が消えていく。
[PR]
by toko-toukon | 2010-03-07 16:19 | 子育て・教育